乞食用MNPで各MVNOで弾代を比較する

携帯乞食は終焉ですがそれでも MNPすればお得に運用できます

しかし私はもうauへPIする弾が無い、どこで仕込むのが得策か算出してみました。




■SoftBankシンプルスタイル

SoftBankシンプルスタイル SoftBank 301Z
6458円+MNP代3240円=9698円

・メリット
安い
基本料金0円で60日間MNPの期間がある
タイミングが合わなくても14ヵ月後には自動解約で追加料金は無い
予約番号はSBショップで数分で取得可能

・デメリット
1年後しか弾にできないし1年後はCBがあるかも判らない
契約しても60日間しか発信できない メールも60日間のみ
データ通信は無い
MNPはSBショップへ出向き現金で支払い必要
端末に価値はほぼ無い
最大2回線までしか契約できない。




■ソニー 0SIM
http://mobile.nuro.jp/0sim/
解約の月の末日が解約日、日割りは無い

事務手数料3240円
SIMカード代394円
音声+500Mまでプラン700円
解除料金(12カ月以内)5400円
MNP手数料2160円
合計11982円

・メリット
500MBまでデータは0円
解除料金は5400円と安い
MNP手数料も2160円と安い
タイミングが合わなくても毎月756円で寝かせられる

・デメリット
うっかり500MB以上使うと100Mごとに100円加算
amazonで事務手数料は購入できない
予約番号は4日間ほど掛かる
1名義人で1枚しか保有できない2枚目の申し込みはエラーになる 音1+デ1もNG




■イオンSIM

事務手数料3240円
音声+500M 1220円
MNP手数料 8640円
合計13100

・メリット
店舗でも契約できる 送料は不要だが審査等に1時間以上待たされる
契約解除料金は0円だが180日以内のMNP手数料は8640円
6カ月間(他社は12ヶ月間が多い)でMNP手数料は3240円に下がる

・デメリット
オンラインは送料が別途必要
タイミングが合わず寝かせると毎月1220円掛かる
予約番号は2日間ほど掛かる




■OCNモバイルONE


6カ月間待てれば安い

amazon228円
SIMカード394円
音声+110M 1728円*6カ月
キャンペーン-2000円 amazonギフト券
違約金0円
MNP手数料3240円
合計11584円

・メリット
6カ月間データが使える
6カ月間(他社は12ヶ月間が多い)で解除料金0円になる
今ならキャンペーンでamazonギフト券2000円もらえる
amazonで事務手数料が228円で買える

・デメリット
解約まで6カ月間掛かる
タイミングが合わず寝かせると毎月1728円掛かる
予約番号は4日間ほど掛かる




■まとめ
すぐに弾を造りたいなら0SIM 合計11982円

6カ月後でもよければOCNモバイルONE 合計11584円

12カ月後でもよければSoftBank 合計9698円

そう 乞食は時間を司るということです




私はデータも使うので6カ月後に備えて4月から毎月1枚OCNを契約しています

iijmioや楽天は解除料金が10260円なので総額でおよそ17000円掛かります
端末安く買えるキャンペーンに乗れば少しは圧縮されますが弾には不向きです


スマフォ情報局からお得なお知らせ
問い合わせるだけならタダ
122700円は無理ですが70000円ほどの還元が普通です
固定回線も2年に1度乗り換えないと損してますよー
2年に1回の手間で数万円から20万円以上節約できます

au光に乗り換えて
auスマートバリューでauスマホも毎月1522円引きで契約できる!!
私は8回線分毎月値引きしてもらっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。